2014年08月13日

曽宮の韓国滞在記1(20140813)

こんにちは。
営業の曽宮です。

少し早い夏休みをいただき、8/8〜8/11の3泊4日で韓国に行ってきました飛行機

と言っても旅行ではなく、剣道の国際交流で。
DSC_0220.JPG

私の剣道のルーツである、岡垣町・白雲錬成会(はくうんれんせいかい)と韓国・城南(ソンナム)市剣道会との19年続いている交流です。


この交流の第一回目は、19年前の19歳(大学2年生)の時でした。
当時熊本の大学に在学していましたが、岡垣町の少年剣士が韓国の少年剣士と剣道交流を始めることになり、年配の先生方のお手伝い(子供の引率・統率役)として指名されたのが最初です。

当時から韓国では剣道が盛んだということは知っていましたが、実際に韓国の剣士と竹刀を交えたことがなく、とにかく行ってみないと分からない状況。


初めての交流で、手探り状態の中、言葉も通じず、韓国側の若い先生と片言の英語でコミュニケーションを取りながらの数日間。


日本と変わらない猛暑の中、パワフルな韓国剣士との日々の稽古と夜の交流(飲み会)は、忘れることができない思い出です。


ホームステイをして現地で過ごした子供達も最後の別れの時は、涙を流しながら別れを惜しむ場面が鮮明に記憶に残っています。


あれから19年。
2年ごとに訪韓・訪日を繰り返し、今回で11回目(6回目の訪韓)になりました。
私にとっては最初の剣道交流以来、2回目の城南(ソンナム)市訪問となりました。
今回は、6年生の息子、お世話役としてうちの奥さんも参加させていただきました。

DSC05443.JPG


19年前の訪韓の際は、観光の記憶がかすかで、ホテルと稽古の場所と夜の飲み会の会場を行ったり来たりで、街の様子などはあまり覚えてませんが、何となく新しい建物が増えたなぁと感じました。

DSC_0222.JPG

到着して早々の稽古。
旅の疲れを癒す間もなく、パワフルな韓国剣士に鍛えられましたふらふら

DSC_0223.JPG

ホームステイ先の子供とお世話になる保護者との対面式。
対面式の挨拶で、6年生代表で息子が韓国語で挨拶。

DSC05507.JPG

パートナーとの対面。

DSC05518.JPG

息子のパートナーは【丁知亨(チュン・ジヒョン)】
2年前に来日した時に我が家にホームステイした子供です。
現在中学1年生。当時小学5年生だった時と比べて大きくなりました。
(うちの息子も大きくなったなぁ・・・)

IMG_0215.JPG

子供達はホームステイ先へ、大人たちは懇親会へビール

相変わらず、よく食べて、よく飲む韓国の剣道人たち。
一緒のペースでお付き合いすると、間違いなく沈んでいきますがく〜(落胆した顔)
お世話役で行った3人の女性陣も奮闘しましたグッド(上向き矢印)

DSC05540.JPG

早く酔えるからと、左の『真露(ジンロ、チャミスル)』とビールを混ぜた、危険な『ソーメ』exclamation
別名『爆弾酒』と呼ばれるらしいふらふら

DSC_0231.JPG

撃沈する訳にはいかないと、控えつつお付き合いをさせていただきました。

長年続いてきた、岡垣の剣道人と韓国・城南市の剣道人との濃い交流のはじまりですわーい(嬉しい顔)

つづく・・・
posted by smile-home at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102353139

この記事へのトラックバック