2009年02月13日

今日の言葉(09/02/13)

おはようございます。
営業の曽宮です。

今日は『13日の金曜日』ですね。
何となく『不吉な日』と言われますが、不思議でなりません。

そこで…

忌み数の【13】と関係があり、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。

「イエス・キリストが磔刑につけられたのが13日の金曜日とされ、キリスト教徒は忌むべき日であると考えている。」という俗説があるが『正しくない』とのことです。
キリスト教では主の受難日を『金曜日』としているが、キリスト教の各派ともその日を確定していないらしい。

イタリアで不吉な日は『17日の金曜日』であり、スペイン語圏では『13日の火曜日』が不吉だとされている。
フランスではなぜか『13日の金曜日』に宝くじの売り上げが急上昇するそうです。

【13】を不吉な数とするものと、【金曜日】を不吉とするものが独立して生じ、それらが合体したものであるという説が有力とのことです。

宗教的なつながりが少ない日本でも『13日の金曜日』が不吉とされるのは、きっと『ジェイソン』の影響が大きいということでしょう…


【今日の言葉】
「姿勢を正して、人を迎えましょう」

記事の最後に、
『レベルの低い人が集まるところは、その場所もレベルが低いのです。』と記載されていました。

あまりにも極端な言い方はどうかと思いますが、『自分を磨かなければ良い仕事ができませんよ』という意味で捉えたいと思います。

不思議なもので、営業担当者によってお客様のタイプって偏るものらしいです。
家造りは家族の大事業でしょうし、計画から完成まで長期間になることもあり、私たちとお客様の相性とか雰囲気の部分も家造りにおいては大事だということだと思います。

モデルハウスでは無理して自分を作らず、自然体でお客様と接することが大事だと思いました。
【ありがたい【今日の言葉】の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26680450

この記事へのトラックバック