2013年07月08日

曽宮家の家造り日記【後録】20130708

こんにちは。
営業の曽宮です。

梅雨雨が明けたそうで何よりですが、のっけからこの暑さ晴れではこの先が思いやられます…


新居に移って1ヶ月弱。
最近感じているのは『エアコンの効きの良さexclamation


これまで住んでいた家は『夏は暑く、冬は寒い』典型的な家のうえ、西日が大きな窓からサンサンと照りつける間取りで夏場の家の中はうだる様な暑さ。しかも家の壁や構造体自体が熱をもってしまっているので、冷房も効きが悪かったのでしょう。


新居は省エネ性能に配慮された仕様で非常に快適ですわーい(嬉しい顔)
快適な室内環境を得ることがこんなにもストレスがなくなるのかと、改めて実感しています。


さて、家を建てると家の中の家具にも気をつかうものです。


これまで家具を置くスペースさえなく、正直『デザイナーズ家具』なんてものにはまったく興味がありませんでしたが、選びはじめると世の中には色々な商品があるのですね。


そんな中、リビングのPCスペース用に買い求めたのが、デンマークの家具デザイナー、ハンスウェグナーの名作『The Chair(ザ・チェア)』のリプロダクト品(デザインに対する版権の期限が切れた製品を、オリジナルをベースに復刻・再生産すること)
wegner_img.jpg
ハンスウェグナー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BBJ%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%BC

『The Chair(ザ・チェア)』はアメリカ大統領選のテレビ討論の際にケネディ大統領が使用して有名になった椅子だそうです
Kennedy.jpg

メドベージェフさんとオバマさんの座っているのも『The Chair』
medvedev_obama.jpg


私が買ったのはネットの楽天で24,000円くらいでしたが…

正規品は50万円以上するそうですがく〜(落胆した顔)

中国製で、アッシュ材の無塗装品だったのもあってか、届いた商品を見たときには粗さが目立ち、仕上げた時のペーパーがけの木粉が手に付くやら、
『ネットで家具は買うもんやないのぉ…』と後悔しかけていましたが、

購入して2カ月、あまりにも肌触りが気になったのでこのたびリフォームを。


自宅でペーパーかけして磨き、家具屋さんで買ってきた自然塗料を使って仕上げました。
DSC_2574.JPG

手触りが良くなり、自然塗料の効果で木肌がより目立ちます。
DSC_2580.JPG

ドイツの自然塗料メーカー【リボス社】のビボス・メンテナンスキット
DSC_2579.JPG

自宅で家具をメンテナンスするのも楽しいひとときるんるん
『これまでの仮住まいではこんなことしなかっただろうなぁ…』と思うと、ある意味贅沢な話かもしれません。

正規品で50万円以上するのなら、この程度で我慢して、メンテナンスそれ自体を楽しむくらいでないといかんのでしょうなぁ。


家具といえば、探し続けていた和室の座卓(ある時は座卓、足を折りたたんで酒卓として使える)をメンテナンスキットを買った家具屋さんで購入しました。
床と合わせてオークのムク材です。
(いつものことですが、奥さんには事後報告でふらふら

納期は盆明けらしいです…
気長に待ちましょう…
posted by smile-home at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 曽宮家の家づくり日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70684402

この記事へのトラックバック