2013年08月23日

曽宮家の家造り日記【後録】10130823

おはようございます。

営業の曽宮です。


昨夜久しぶりに雨が降りましたね雨
何となく嫌な予感がしたので、干していた洗濯物を取り込んだ直後に降り始めました。

奥さんから
『なんで分かったと?』と不思議な顔をされました。

予感です…たらーっ(汗)


さて、ご自宅に神棚はありますか?

 
自宅を新築するまで、我が家には小さな棚にお札やらお茶やらをお供えしていました。


新築するとなればそれなりのモノを設けようと色々調べました。


条件として、

『シンプルなもの』
『室内の雰囲気を損ねないもの』

を狙って探し始めましたが、なかなか『これ!』というものにたどり着きません。


特にお社を選ぶのに随分と苦労しましたねふらふら
ネットで調べると本当に色々なモノがあって…

まずデザイン面で色々な種類があって、お札を納める部分が1か所の一社宮、3か所(5か所)ある三社宮(五社宮)、それぞれによってサイズが随分と違います。


屋根の形がスッキリしたものや神社建築にならって千木・鰹木がのったもの。
img_1478141_22326382_2.jpg

また素材面でも木曽桧、濃尾桧、欅(ケヤキ)を使ったもの。

また納めるお札のサイズによっても検討しました。
img_432510_12817283_2.jpg

結果的に、棚とお社(おやしろ)を別々に購入することに。


棚は
【イオリスペース】
http://iori.ocnk.net/

■壁付け神棚Wide(ワイド)タイプ

お社は
【AMAZON】
http://www.amazon.co.jp/ref=gno_logo
■木曽桧神棚「袖付大神宮/金具なしタイプ


お社から見て正面が東か南を向くように設置します。


我が家は家族みんなを見守っていただけるように、LDKの中心に東向きに設置しました。

正面より
DSC_2634.JPG
お供え物も置く位置が決まっているようです。

棚部分
DSC_2635.JPG
棚自体の下面が微妙にカーブしており、取付部分の脚も一つずつ削り出して制作されています。
この棚はお社がなくても棚面に溝が切ってあり、お札のみ置いても良いようです。


完全に自己満足ですね…


奥さんにも『あぁ、良いんじゃない』と軽く流されました。


どれほど色々と探したか知らないだろう…


神棚でお悩みの方は(少しなら)アドバイスできるかもしれません。
曽宮までお気軽にどうぞ。
posted by smile-home at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 曽宮家の家づくり日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73110325

この記事へのトラックバック