2017年12月12日

〜せせらぎの郷・海老津〜 三里松原(20171212)

こんにちは。
住まいる 営業の曽宮です。

今シーズン最強の寒波雪が襲来でしているそうです。
確かにこれまでとはちょっと違う寒さを感じます。
体調を崩さないよう、運転中の路面の凍結などにも注意しようと思います。


そんな寒い中、今朝は【せせらぎの郷・海老津】モデル棟の建築に際して、現地調査を行ってきました。
日が照ると何とか大丈夫ですが、曇ると寒さのあまり手が悴(かじか)んで大変でしたふらふら
外で仕事をしている職人さんたちは本当にご苦労様です。

先日のブログでも紹介した、【せせらぎの郷・海老津】の南側にある【金毘羅山(こんぴらさん)】に足を延ばしてみました。

澄んだ空気の中、『見晴らしの丘』から見る景色が最高でした。
DSC_1465.JPG

動画でどうぞexclamation


奥に波津(はつ)の海岸が見えますが、その手前に連なるのが【三里松原(さんりまつばら)】です。

『マンホールカード』ご存知ですか?
各地の観光名所やスポーツ、キャラクターなどが描かれ、密かにブームになっているそうです。
DSC_1466.JPG
今朝役場でもらってきました。(H29/12/9〜 岡垣町役場で2,000枚を無料配布中です)


マンホールカードにもなった【三里松原】は、自然豊かな岡垣町を代表する景勝地として『日本の白砂青松100選』にも選ばれています。

海水浴などのレジャースポット、サーファーにとっては良い波が来る波乗りのスポット、家族でサイクリングができる整備されたサイクリングロードがあり、『海がめもかえる町』の町のキャッチコピーにあるアカウミガメが産卵に帰ってくるスポットでもあります。

最近この【三里松原】が松食い虫や松葉の堆積で育成が妨げられ、危機に瀕していますがく〜(落胆した顔)

12/10(日)に行われた松葉かきのボランティアに出掛けてきました。
DSC_1442.JPG

主催者の挨拶で、
『【三里松原】のお陰で、響灘からの強い潮風から地域の農作物が守られている。』
景勝地というだけでなく、地域の農作物をいただいている私たちは知らず知らずのうちにこの恩恵を受けているということに気付かされました。

松の根本の松葉やコケを除去し、松の育成にとって良い環境を作るための活動です。
DSC_1445.JPG

1時間半ほどの作業でしたが、参加者も多く、綺麗になりました。
DSC_1447.JPG

機会があれば、また参加しようと思います。

松の育成と保全には、先人が大変な苦労をして守ってきたと伝えられています。
自分たちが恩恵を受けるだけでなく、先人が苦労して守ってきた財産を将来につないでいくことの大切さを考えさせられました。
posted by smile-home at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき

2017年11月19日

剣道七段審査に挑戦(20171119)

こんにちは。
営業の曽宮です。

急に寒さがやってきました。
体調を崩されていませんか?
しっかり食べて、ゆっくり休養を取る。大事ですね!


こんな急に寒くなった中、剣道七段の審査のため愛知県名古屋市に行ってきました。

剣道には、現在の仕組みでは八段を最高段位として、各々の修行の目標として昇段審査が実施されています。

■初段〜参(三)段までは各地域(福岡・北九州・筑後・筑豊)の審査(夏・冬 年2回の受審機会あり)

■四段、五段は県の審査(夏・冬 年2回の受審機会あり)

■六段以上は全国各地での審査(六・七段は春・夏・秋の年3回、八段は春・秋の年2回の受審機会あり)

よく質問で『相手に勝ったら受かるのか?』と聞かれますが、試合形式の立会いではありますが、審判がいてポイントを競い勝った負けたを判定するわけではありませんが、ボコボコに負けたら(打たれたら)まず落ちるし、バシバシ打って勝っただろうといって受かる訳ではありません。バシバシ打って勝ったパターンは逆に落ちてしまいます。

審査員は、受審者のレベルが基準に達してるかどうかを判断して合否を決定します。
例えば今回私が受けた七段の基準は、

『剣道の精義に熟達し、技倆秀逸なる者』

です。

どうやったら受かるのか、未経験者からすると『 ? ? ? 』でしょう。
しかし、先生方、同輩方、時には後輩達からもアドバイスをもらい、受審する段位のレベル、剣道の質に近づいているかどうかを審査員に判断してもらうのです。


今年の8月に七段の受審資格を得て、初めての七段審査を受審しました。

六段以上の全国審査は、春と秋は東京・京都・名古屋と固定されていますが、夏の審査は毎年どこで開催されるか予想がつきません。

今年は幸い、地元福岡の開催があり、交通費、宿泊費、受審料、会社の休みの都合など、諸々考えると地元福岡で是非合格したかったのですが、基準に達していなかったのでしょう、見事に落ちました・・・ふらふら

これまで、初段〜六段まで一度も落ちることなくきましたが、さすがに七段は難しいと思い知らされました。


自分なりに反省し、体調管理も含め、今回の審査に臨みました。



前日夜から名古屋入りし、初めての訪問地だったので、会場までウォーキングで下見に行き、往復約1時間のトレーニング。
DSC_1236.JPG
会場屋外の照明のもと、審査を想定して一人で立会いや剣道形のシュミレーションをしていた自分は、ランニングをしていた人からきっと怪しまれていただろうと思います夜

折角の名古屋なので、名物をたらふくといきたいところですが、暴飲暴食を控え抑えめに。
気さくな店員さんとお洒落な雰囲気の良いお店でした。
名古屋駅から近いのでもし行く機会のある方はおススメです。
DSC_1242.JPG

DSC_1237.JPG
【炭火焼き 鶏ひつまぶし 風琴(ふうきん)】



翌朝、あいにくの雨模様でしたが、審査会場には練習場もなく、外で素振りをする場所も時間もないことを予想して、あえて徒準備運動のつもりで徒歩で会場入り。(前夜の下見しておいて良かった)
DSC_1243.JPG

DSC_1248.JPG

DSC_1244.JPG

受付〜審査の事前説明〜審査開始まで、流れ作業のように進んでいきます。
独特な雰囲気で、審査番号も直前にしかわからず、ひょっとすると1番最初の審査になる可能性もあり、『いつでもいける!』という気持ちをつくっておかないと、平常心を保てずに慌てた気持ちのまま立会いが終わってしまい、『何にもできずに終わってしまった・・・』という可能性があります。

このあたりは、夏の審査の経験が活かされました。
(人や会場の雰囲気に構ってないで、自分の世界に入り込まないといけません)

コンピューター処理で決めているようですが、審査順が7組目(1組4人)に決まり、審査開始から40分後くらいが自分の立会いの出番。

いざ!立会い。
立会いは2人と行い、1人との立会いは1分30秒しかありません。
立会人がストップウォッチで計測して『始め』と『止め』の号令をかけるため、本当に合計でたったの3分しかありません。

このたった3分のために、これまでの剣道人生があると思うと(大袈裟ですが・・・)緊張しない訳がありません。

このたった3分で自分の良いところを出せなければ、交通費、宿泊費、それまでに費やした時間、すべてがパーになる。

そもそもそれだけの実力がまだ見に付いていないのかもしれない。

夏の不合格に続きまた、家族、剣道の先生方、『受かれよ!』とプレッシャーをかけてくれた方々に『ダメでした・・・』と報告するのか。

様々な思いがよぎり、平常心を失いそうになります。




終わってみて、意外と冷静だったと思います。

1人目はどうだった、2人目はどうだった、とある程度立会中のやりとりも覚えています。

1人目が今イチだったので、どう立て直そうかと立会い中に考える余裕もありました。
良い技もありました。


『大丈夫じゃないかグッド(上向き矢印)』という気持ち4割、『七段審査はそんなに甘くないがく〜(落胆した顔)』という気持ち4割、『もう嫌だふらふら』という気持ち2割、とにかく合格でも不合格でも発表まで結果が知りたくて待ち遠しかった。


10組の審査が終わった時点で、前半の実技審査の合格者が発表されました。

張り出された紙に自分の番号を見つけた時は、そりゃ〜嬉しかったですわーい(嬉しい顔)

張り出された合格者番号と自分の『垂れ』に付けた審査番号とを何度も『間違いないよな・・・』と確認しました。


実技が終わると、すぐに剣道形の審査にうつります。

合格を知って、どこかで剣道形を一通り練習する余裕などなく、合格者は別に準備された剣道形の審査会場に連行されます。

普段から剣道形は講習会を受講するなど、実技よりも稽古十分だったので、自信をもって受審しました。



終わってみるとあっという間の半日。

自分の後(10組目以降の後半組)に大学時代の同期が審査に臨んでおり、彼とは同じ道場で同じ師匠の元、切磋琢磨しながら青春時代を共有した仲です。

彼は5度目の挑戦にして今回見事合格しました。

自分の合格はもちろん、彼と一緒に合格できたことは大変嬉しかった。

脳外科医という激務のかたわら、しっかりと稽古を続けてきていた彼は尊敬に値します。

お互い合格した後になって、彼が『二人で剣道形の審査を受けている夢を見た』=『二人そろって合格する』というのが正夢になり、ガッチリ握手を交わしました。


現在の剣道連盟の仕組みでは八段が最高位ではありますが、合格率1%にも満たないことがあるほどの超難関!
剣道を専門家として志す中でも一握りの方しか合格できない八段は神様のような存在です。

誤解を恐れずに言えば、市井の剣道愛好家にとっては七段が一応の終着点と見ることもできると思っています。

そこまで来たからには、自分のことだけでなく、後輩や地域にも貢献できる剣道家として、恥ずかしくない剣道人生を送っていこうと決意を新たにしました。
DSC_1246.JPG

ちなみに、今回の名古屋での七段審査について、
受審者:984名
合格者:192名
合格率:19.5%
でした。
posted by smile-home at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき

2017年11月13日

2017 住まいる社員研修旅行(20171113)

こんばんは。
営業の曽宮です。

気付けば11月もすでに半ば・・・
もう今年も終わりそうです・・・
月日の過ぎるスピードに焦るばかりですが、そんな中、久しぶりの社員旅行で英気を養ってきました。

11/1(水)〜11/2(木)の一泊二日。
目的地は大阪〜京都。

初日の大阪では、
■無垢フローリングドットコム 大阪ショールーム
■パナソニックセンター大阪
と仕事関連の知識を養いつつ、

■よしもと西梅田劇場
で大笑いし、

電車移動後の京都では、先斗町の
■うしのほね本店
で、鴨川を眺めることができる座敷で、ゆっくりと夕食を味わい

一日目終了。


二日目は早起きして、単独行動で京都の早朝の街をウォーキング足

DSC_1125.JPG
早朝の鴨川と【ザ・リッツ・カールトン京都】
京都の街並みに溶け込むような控えめなデザインですが、さすが高級感溢れるホテルです。(泊ったわけではありませんふらふら

DSC_1126.JPG
平安神宮近くのうどん屋さんで朝食。
温かいうどんは、寒い中のウォーキングのおかげもあって、大変美味しかったです。
しかも、写真の『卵とじうどん』は、400円とリーズナブル!

DSC_1128.JPG
なんと朝4時からオープンしているという【早起亭 うどん】

DSC_1127.JPG
製麺所の一角(というか駐車場の奥)にお店があるので、気付かない人もいそうですが、面白い穴場スポットです。

DSC_1131.JPG
平安神宮裏にある【旧 武徳殿】年に1度、剣道の演武大会『京都大会』が行われる剣道の聖地。
※大日本武徳会の演武場として、明治32(1899)年、故事にちなんで平安神宮の北西の地に武徳殿が竣工。
その後は武術教員養成所(後の武道専門学校)も開設され、「東の東京高師、西の武専」と評されるほど日本の武道の中心的存在となった舞台です。

DSC_1132.JPG

DSC_1133.JPG
朝の【平安神宮】参拝者は自分の他に女性1人。早起きのおかげで清々しい空気の中参拝させていただきました。

社員みんなでの訪問先は、
■トロッコ列車
で保津川(桂川)沿いの自然や渓谷美を眺め、
DSC_1135.JPG

■嵯峨嵐山
の『ザ・観光地』を見て回りました。
DSC_1137.JPG

DSC_1138.JPG
色づき始めた秋の『嵐山』

DSC_1141.JPG
台風21号の接近で氾濫した影響が残り、濁りが残った桂川に架かる『渡月橋』


嵯峨嵐山には、16年前の新婚旅行で人力車に引かれながら見て回った懐かしの地です。
お互いそれなりに歳を取った奥さんと、また一緒に来たいと思います。
英気を養って、残り少ない2017年をもうひと踏ん張り乗り切ろうと思います。
posted by smile-home at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき

2017年07月21日

夏到来!

こんにちは、リフォーム営業の荒牧です。

梅雨が明け、いよいよ本格的に夏晴れが来ましたね。
熱中症にならないように、こまめに早めに水分を
摂りましょう。

夏といえば、祭りですよね。
私の住んでいる地域でも夏祭りが行われていて、
昔でいえば、五穀豊穣・悪疫退散のため、
鉦・太鼓を打ち鳴らし、にぎにぎしく
山車を引きまわしています。わーい(嬉しい顔)

こうした通常の運行とは別に、近隣の地域と
競演会を開いています。
八幡西区の相生町の大通りが会場で、太鼓競演会と
山笠競演会を行っています。

DCIM0500.JPG

今年は、私の地域の竹末山笠が山笠競演会で
優勝しまして、大変盛り上がりました。グッド(上向き矢印)
力を合わせていい演技をした若いかきて達はもちろん、
裏で準備をしてくれた方、ご婦人方、警備で走り回って
くれた方、皆の力の結集があればこそだと思います。
来年もまた楽しく頑張りたいと思います。わーい(嬉しい顔)
posted by smile-home at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき

2017年05月26日

車に乗って善光寺参り

こんにちは、営業の荒牧です。

話題が古くなってしまいましたが、ゴールデンウィークに
休みが多くいただけたので、城めぐりの旅をしました。車(RV)

今回は、北信濃の善光寺を目標に、お城も100名城の
うち、7城(上田城、小諸城、岩村城、名古屋城、
明石城、赤穂城)、そのほかにも苗木城や備中高松城跡も
見てきました。わーい(嬉しい顔) 
小諸城から見た、島崎藤村の詩にある千曲川のながれも
よかったですが、山登りした先にある苗木城が一番でした。
大きな二つの花崗岩の上に櫓があったそうで、今は
木で骨組みだけを作っています。石垣はもともとある
岩を組み込んでパッチワークのようにきれいに積んで
いて、その美しさに感動しました。わーい(嬉しい顔)

苗木城です
P1160872.JPG

上田城は自然岩の崖を利用し、石垣で補強した素朴さが好きです。P1160771.JPG

最終目的地の善光寺はご承知の通りです。P1160741.JPG

「牛にひかれて善光寺参り」とはよく言われますが、
なぜ多くの人がお参りに行くのだろうと思っていましたが、
ここは、無宗派で、江戸時代の昔から男女を問わず、
参拝を積極的に受け入れていたそうです。
誰でもどんな人でもお参りにきてください。
仏様の功徳が受けられますよということですね。わーい(嬉しい顔)

神社の方では諏訪大社の三社(上社本宮、下社春宮、秋宮)に寄り、
御柱も見てきました。
上社本宮です
P1160854.JPG

四方に立てている御柱の一つ。もみの木です。
P1160812.JPG


それと、きれいで感動したのが美ヶ原高原でした。P1160801.JPG
写真のような光景が360度見渡せます。
下の駐車場から緩い登りで20分程でついた山頂からです。
北アルプスから南アルプスや富士山までさえぎるものなく、
息を切らせて登ってきたかいがありました。手(チョキ)

もちろん温泉いい気分(温泉)にも、下呂温泉、有馬温泉などに毎日入って、
お陰様で、会社の中で一番目いっぱい休日を
楽しんできた私でした。わーい(嬉しい顔)




posted by smile-home at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき

2017年04月30日

萬便利屋でございます

大型連休が近ずくに連れてどんどん暖かくなってくる今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか
車を運転するときは窓を全開にするか、エアコンをつけないと汗が出るくらい車の中は熱くなっています

さて、今日の私はと言いますと
猪にまたがった和気清麻呂像を見に行くのはまた今度に、
と、決め込んでひたすら家の中でボーっとしていたのでございます。

先週の休みも家で一日小説を一冊読んだのでございます。
「アルジャーノンに花束を」・・全世界が涙した現代の聖書(バイブル)・・
と評されていました。
面白く最後まで読んではみたのですが、どこが涙の出る所かさっぱりわからないのです。
こんな子供の頃からKYな私は、黙々と何かをするのが好きなんです。
その一つが「刃物を研ぐ」事。

そう。今日は包丁を研ごう。
我が家には包丁が3本ございます。
砥石も、大工をしてた時の粗砥石と仕上砥石がございます。
砥石も長く使っていると中程だけがへこんでくるのでございます。
ですから、今日は最初にその砥石を平らにするのでございます。
どうするか?
地面に置いたブロックで砥石を研ぐのでございます。
ブロックに押え付けた砥石を前後にゴーリゴーリ、ひたすらゴーリゴーリ。
砥石が平らになると次は台所で包丁の背に刃先の角度を一定に保つ部品をつけて研ぎ始めるのでございます。
これは3本目、

WIN_20170430_181351.JPG

茶色の砥石が粗砥石#800です。
包丁にくっついている青い物が研ぐ角度を保つ部品でございます。
ホームセンターで数百円でございました。
両面研ぐのに12〜15分かかります。研げると刃先にザラザラしたものが付いてくるのでございます。
そして、仕上砥石

WIN_20170430_182409.JPG

これで研ぐと刃先のザラザラが取れて刃先もピカピカになるのでございます。
ここでは5分くらい。
全部研ぐのに1時間くらいでしょうか。

WIN_20170430_183644.JPG

これが自己満足の成果でございます。

興味のある方は一度やってみては・・・
いえいえやらない方がいいでしょう。
危のうございます。
私が弟子のころ、ノミやカンナの刃を研ぐとき
何度手を真っ赤にしたことでしょう。
油断すると指先をスパッと切ってしまいます。
野菜や魚が上手く切れなくても指は簡単に切れるのでございます。

それでも研いでみたい方は、
自己責任でお願いします。

おあとがよろしいようで











posted by smile-home at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき

2017年04月09日

萬便利屋でございます

ようやく春らしい暖かさがやってきました。
お隣の紫モクレンも満開となり
羽織る上着も一枚少なくなるころですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、ついに三度目の正直で
安部山公園の桜は満開となりました。
午前10時ごろに桜坂を登ったのでございます。
見事に咲いております。

DSC_0112.JPG
DSC_0114.JPG

続々と見物客の人たちが登っていました。
写真には写っていませんが沢山いたのでございます。
小さな子供さんの手を引いてくる若いご夫婦やおじいちゃんおばあちゃん。
登りつくと既にあちらこちらに場所取りのビニールシートが引かれていたのでございます。
DSC_0117.JPG

この綺麗な桜は明日明後日の雨を頑張って残ってくれるでしょうか、
もう少しで小学校の入学式なので頑張ってほしいなぁって
思うのでございます。

安部山公園を登り切るとバスの回転場所場ございまして、
そこに和気清麻呂像がございます。
DSC_0118.JPG

少しのっぺりしたつくりになってて面白いのでございます。

この次は、猪にまたがって乗っている和気清麻呂像を
見に行くことにいたしましょう。
今日はこの辺りで

おあとがよろしいようで
posted by smile-home at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき

2017年04月08日

家族旅行へB(20170327〜0329)

こんにちは。
営業の曽宮です。

先日、奥さんと歩いて夕ご飯を食べに出掛けました。
途中、遊歩道にある桜を眺めながらひと時の花見(散歩)を楽しみました。
DSC_0261.JPG
桜を楽しめるのもあと一時です。

さて、旅も最終日。
前日の夜に名古屋入りした妻と義理の母とサスケ犬を加えて、お伊勢参りに車(RV)

名古屋から約2時間で伊勢市内に到着。

以前伊勢に来た際の写真の日付を見ると、2010年5月のこと。
7年前のことになります。

まだ式年遷宮の前であり、20年近く経ったお社は苔むす良い雰囲気でした。

前回のお参り以降、ご加護をいただき家族平穏無事で過ごさせていただいたお礼参りと、式年遷宮により新しく生まれ変わったお社をお参りするためのお伊勢参りです。


おさらい・・・
伊勢神宮の中心は、「内宮(ないくう)」と「外宮(げくう)」のふたつ。

内宮のご祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)。日本人の総氏神といわれる存在です。
外宮のご祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)。天照大御神の食事をつかさどり、産業や食事に関する神様です。

この内宮・外宮を中心に、それぞれの別宮、摂社、末社、所管社と呼ばれる宮社があり、すべて合わせて125社の総称が、伊勢神宮と呼ばれています。

お参りは外宮⇒内宮の順番で回るのが、古来からの習わしとされています。


それに習って、まずは外宮のご正宮へお参り。
DSC_0239.JPG

続いて外宮の境内にある別宮、『土宮(つちのみや)』、『風宮(かぜのみや)』、『多賀宮(たかのみや)』をお参りし、一旦宮域を出て400mほど離れた『月夜見宮(つきよみのみや)』をお参り。
DSC_0242.JPG

DSC_0243.JPG

次に、内宮へ移動し、内宮のご正宮をお参り。
五十鈴川の御手洗場(みたらしば)でお清め。
DSC_0252.JPG

ちなみに7年前は、まだ小学2年生だった息子も大きくなりました。
IMG_0039.JPG

宮域内は清々しい雰囲気です
DSC_0253.JPG

ご正宮
DSC_0255.JPG

外宮と同じく宮域内の別宮『荒祭宮(あらまつりのみや)』と『風日祈宮(かぜひのみのみや)』を参り、宮域外の別宮の『月讀宮(つきよみのみや)』にもお参りしました。
DSC_0265.JPG

お参りのあとは、参道と『おかげ横丁』で食べ歩き足とお土産購入プレゼント

伊勢名物『伊勢うどん』博多のうどんよりも柔らかい、ぽちゃぽちゃっとしたうどんです。
DSC_0260.JPG

食べる直前で変な顔してますふらふら
DSC_0261.JPG

7年前、落着きのない悪ガキでしたが、まだまだかわいいお子様でしたわーい(嬉しい顔)
IMG_0080.JPG

誰もが知る名物『赤福』のぜんざいを一心不乱に食べておりますたらーっ(汗)
DSC_0264.JPG

7年ぶりのお伊勢参りとなりましたが、変わらない宮域内の清々しい神聖な雰囲気の中、畏敬と感謝の念をもってお参りさせていただきました。

多くの参詣者があり大変賑わっていましたぴかぴか(新しい)


パワースポットブームもありますが、『一生に一度はお伊勢に!』と昔から言われているように、『日本人の心、日本人の原点がここにある!』というキャッチコピーがぴったりな素晴らしい場所です晴れ


今後、願わくば素晴らしい日々を送ることができ、またお礼参りに行けるように頑張ろうと力をいただきました。


帰りは、少し時間ができたので、2時間ほどかけて京都へ入り、漬物の名店『西利』でお土産を買い、妻と義理の母は新幹線で、私と息子とサスケ犬はボチボチ車車(RV)で帰途に就きました。


お休みをいただき、見どころ・味どころ満載の3日間。

いつも通りの弾丸ツアーで散々疲れましたが、それ以上に思い出深い旅行となりました。

しっかり英気を養い、日々の業務に復帰しておりますexclamation



おしまい・・・
posted by smile-home at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき

2017年04月07日

花だより

こんにちは、リフォーム営業の荒牧です。

水曜日の休日に、近くの金山川にウォーキングに
でかけました。桜の花がほぼ満開に咲いていました。わーい(嬉しい顔)DCIM0084.JPG

チューリップの方は、咲いているものと、まだまだのものと
半々という状況で、もう少し先かなという感じです。DCIM0081.JPG

9日の日曜日にはチューリップ祭が開かれるようで、
天候がいま1つですが、にぎわうことでしょう。

住まいるでは、8日9日の土日、小倉のパナソニックの
リビングショウルームで住まいるフェスタを開催します。
今テレビCMなどで話題の10年間ファンをお掃除しなくていい
レンジフードや、泡で飛び散りを防ぐなどトイレを汚さない
便器や、内装建材まで展示されています。
こちらの方にも是非足をお運びください。わーい(嬉しい顔)

会場:パナソニック リビングショウルーム北九州
   北九州市小倉南区徳力6-14-35
posted by smile-home at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき

2017年04月06日

家族旅行へA(20170327〜0329)

こんにちは。
営業の曽宮です。

一気に春がやってきた感じがします晴れ
気温の変化で体調を崩さないように気を付けましょう。


さて、先日の旅の続きを・・・

怒涛の初日を過ごし、旅の2日目は今回の旅行の大きな目的だった、
『第26回 全国高等学校 剣道選抜大会』スポーツ
の観戦です。

場所は愛知県春日井市で開催。
DSC_0179.JPG

高校剣道の全国大会ですぴかぴか(新しい)
DSC_0186.JPG

今春から中学校3年生になる息子は、部活もいよいよラストスパート。
夏の大会へ向けた良い刺激になればと思い、全国トップクラスの試合を見せてあげることができる、貴重な機会です。
DSC_0199.JPG

DSC_0195.JPG
緊張感のある良い試合が展開されました。
期待したような良い刺激になったでしょうか?

ちなみに、男子は九州学院(熊本)、女子は中村学園女子(福岡)が優勝しました。

試合が終了した後は、引続き名古屋見物。
味噌カツの有名店【矢場とん】本店で味噌カツ定食を食べ、
DSC_0204.JPG

こちらもお客様から教えていただいた、名古屋スポット【大須観音】周辺を散策し、
DSC_0207.JPG

DSC_0208.JPG

名古屋といえば【名古屋城】を外すわけにもいかず、
DSC_0212.JPG

工事が進んでいる本丸御殿も一部が観覧可能になっていました
DSC_0231.JPG

DSC_0225.JPG

夜は、これまた名古屋名物【山本屋本店】大門本店でみそ煮込みうどんを食し、
DSC_0235.JPG

とりあえず名古屋観光で外せない一通りは観光・食べ歩きを完遂した気分です足
次に名古屋に来る機会があれば、もう少しディープな観光スポットに行きたいと思いまするんるん
大須観音周辺はもっと時間をかけて散策するのも面白そうでした。

この日の夕方から地元を出発した新幹線妻と義理の母が22時頃名古屋に到着・合流し、翌日の伊勢観光へと続きます。
posted by smile-home at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき