2009年01月19日

今日の言葉(08/01/19)

おはようございます。
営業の曽宮です。
今日は晴れそうですね晴れ

最近では一時期ほど年金について騒がれていませんが、ご自分がどの程度の年金額を受け取れるかを試算したことがありますか?

実はわたし、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持っていまして(正式な資格名称は【2級ファイナンシャル・プランニング技能士】、一応国家資格です)資格取得の際に勉強はしたのですが、ニュースで報道さえているように、とにかく面倒な計算をしないと年金額は算出されないのです。

年金にしても税金にしても、もっとシンプルに『パッ!』と数字がでないもんですかね!?
時代によって法律の改正を繰り返した結果でしょうが…

話を戻しますが、【社会保険庁】のホームページに
『自分で出切る年金額簡易試算』
というページがあります。

コチラ↓
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/top.htm

これまでの職歴による年金(国民年金・厚生年金・共済年院)加入期間を手元に準備できればおおよその年金額が試算できます。

お試しを!

◆FP(ファイナンシャルプランナー)について
【ファイナンシャル・プランナー】は、金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識が必要で、状況に応じて弁護士、税理士、保険、不動産の専門家などの協力を得ながら、トータルな資産のプランニングをし実現の手助けをします。

私の仕事である家造りに関わる部分においては、住宅ローンやその返済についての資金計画、住宅に関係する税金や不動産についての知識で役に立っています。


【今日の言葉】
「明るく、すなおに、正直に話していきましょう」

記事の最初に「言葉づかいは、心づかい」という文章がありました。
心ない言葉に傷ついたり、心のこもった言葉で励まされたり、言葉によって色々な影響を与えます。
『言葉に出す前に一度考えてみる』と弊社の社長も心がけていると言っていました。

『家造り』を楽しむことができれば、前向きで明るくなれると思います。
そんなお客様から私たちが元気をもらうことがよくあります。

逆に『家造り』に不安やストレスを感じれば、楽しいはずのものもまったく楽しくなくなってしまいます。

お客様に楽しんで家造りに取り組んでいただけるような、そんな『心づかい』ができるスタッフでありたいと思っています。

2009年01月11日

今日の言葉(09/01/11)

おはようございます。
営業の曽宮です。

雪が降る寒い週末です雪
1/11は当社【住まいる】の設立日です。
お蔭様で1周年を迎えました。

お客様をはじめとして一年間支えていただいた皆様、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

設立記念日の1/11は社長の誕生日でもあります。
おめでとうございます。

1/11は『鏡開き』ですね。
会社では経理の松村さんが『ぜんざい』を作ってくれることになり、夕方会社に戻ってくるのが楽しみです。

いつもながらですが、『鏡開き』とは???

【鏡開き(かがみびらき)】とは
正月に年神(としがみ)に供えた鏡餅を割リ、雑煮や汁粉に入れて食べ、一家の円満を願う行事である。
刃物で切るのは切腹を連想させるので、手や木鎚で割る。
鏡は円満を、開くは末広がりを意味する。
また、鏡餅を食すことを「歯固め」といい、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためという。

武家では具足(ぐそく)開きといい、鎧兜に供えた具足餅を下ろして雑煮にして食べた。これを「刃柄(はつか)」を祝うといった。

また、女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔(かつかお)」を祝うといい、鏡台に供えた鏡餅を同様にして食べた。

この武家社会の風習が一般化したものである。

武士は刃柄(はつか)を、婦人は初顔(はつかお)というように、それぞれもっとも重視する道具と二十日(はつか)にかける縁語とした。

以上の理由により以前は1月20日が一般的であった。

しかし、徳川の3代将軍家光が亡くなったのが(1651年4月20日(旧暦))であったため、関東では(1月20日を)忌日として避け、11日に繰り上げられたという説がある。

開くという語感から転じたものか、むしろ仕事始めの意味に解する場合が多く、11日は商家の仕事始めにあたる蔵開きの日と一致する。 11日、20日の他にも2日であったり京都では1月4日に行なわれるなど諸説ある。

≪参考≫これとは別に、祝宴などで酒樽の蓋を木槌で割って開けることを【鏡開き】と呼ぶ場合があるが、元来は【鏡抜き】が正しい表現である。

長くなりました。
言葉の意味や暦を調べると色々と勉強になります。


【今日の言葉】
「社会、地域に目を向けていますか」

自分自身は現在アパートではなく、実家と隣接した一軒家に住んでいますので、地域の草刈や隣保組など地域との関わりが少ないわけではありません。

子供のことに関しても、子供の友達の親御さんの他、地域の方にもお世話になります。

何が起こるかわからない物騒な世の中ですので、そういった地域の『目』というのは今後より大事になっていくと思います。

ただ地域に頼るのではなくて、自分もできる限り地域のためにできることがないかと考え行動したいと思います。

2009年01月06日

今日の言葉(09/01/06)

おはようございます。
営業の曽宮です。

年末年始で読んだ本を紹介します。
51yvG3uLfRL._SS500_
『ザ・ロード』
コーマック・マッカーシー (著), 黒原敏行 (翻訳)

≪コーマック・マッカーシー:小説家。1933年、ロードアイランド生まれ。トマス・ピンチョン、ドン・デリーロ、フィリップ・ロスと並び称される現代アメリカを代表する巨匠。≫
だそうです。

≪2006年発表の本書はピュリッツァー賞を受賞≫
だそうです。

ちなみに
≪ピューリッツァー賞:新聞等の印刷報道、文学、作曲に与えられる米国で最も権威ある賞≫
だそうです。

あるラジオ番組で紹介されていたのを聴いて、即注文しました。
とっても面白そうに紹介されていたものですから。

その内容は淡々として延々…
今までに読んだことのないような”雰囲気”の小説でした。
ショッピングカートに荷物を積んで子連れで旅する様は外国版『子連れ狼』です。
描写される父子の毎日を読み取るには想像力が求められます。

面白い小説という意味ではお奨めできませんが、『ズン』とくる小説でした。

映画版も製作中とのこと。
上映される際には鑑賞したいと思います。


さて、
【今日の言葉】
「受け身ではなく、自分の役割をまっとうしましょう」

今年の自分自身の目標としていることの一つです。
率先して関り、主体的に取り組む姿勢。

あるお客様が言われた言葉が思い出されます。
『サラリーマンだから上司の命令に従わなくては』というよりも、『組織のもとだからこそ思い切って仕事ができる』ということに目を向けられていました。

失敗しても人のせいにできるから、人任せにしてしまう…
そんなことがない一年にしたいと思います。

2008年12月22日

今日の言葉(08/12/22)

おはようございます。
営業の曽宮です。

先日モデルハウスに待機したときにIHクッキングヒーターを使ってみました。
MA330093.JPG
こんな風にハンカチを下に敷いていてもお湯が沸かせますいい気分(温泉)
キッチンペーパーを引いたままで天麩羅を作ることもできますレストラン
はねた油はキッチンペーパーがキャッチしてくれるので掃除不要です手(チョキ)

お客様の前で実演すると『へぇ〜ひらめき』と感心されます。

IH=オール電化=光熱費がお得というのがお決まりのトークですが、『使い方』のメリットをお伝えするのも大事だと思います。当然デメリットも!


【今日の言葉】
「問題が表に出るのは、よい機会と考えましょう」

今年もあとわずかになりました。
現在進行形で来年の目標なんかを考えています。

今年1年問題に感じたことを色々とピックアップすると、結構たくさんの項目が出てきました。
でも、その時タイムリーに解決を図ったかというとそうではありませんでした。
大いに反省すべき点です。

時間をかけて解決するものもありますが、『気付いたことをすぐに表に出して解決を図る』そういった前向きでオープンな雰囲気の会社を作っていきたいと思います。

頭の体操にやってみますか目

2008年12月18日

今日の言葉(08/12/18)

おはようございます。
営業の曽宮です。

先日うちの奥さんの職場で忘年会バーがあるとのことで、迎えに行くことになりました。
子供と一緒に迎えに行ったのですが、時間があったのでリバーウォークから井筒屋まで季節モノのイルミネーションぴかぴか(新しい)を見てきました。
MA330078.JPG

MA330070.JPG
子供は『綺麗やねぇ〜』と感心しながら、自分の携帯電話を取り上げて、写真をバシバシ撮っていました。
子供の力作↓
MA330079.JPG
来週はもうクリスマスですね。
皆さんご予定はお決まりですか?


【今日の言葉】
「どんな仕事も気を抜かずにあたりましょう」

記事には重要度の高い・低いに関わらず、どんな仕事にも無駄な仕事はないということで、きちんと向き合うことが大事だと書かれていました。

また、どの社員がやっても一定以上の成果が出るように社内で仕事の規則やルールを決めたり、省力化・簡略化できて効率的に間違いなく完遂できる仕組みも大事だと思います。

ただ、「簡略化=手を抜いていい」というわけではないでしょうから、仕事のプロセスに意識を集中しなくてよくなった分、仕事の精度を上げる工夫をするなど、常に向上する気持ちを持つことが大事だと思います。

当社でも、どうやったら質の高いものをより安く提供できるかと、色々と検討しながら商品開発を進めています。
現場で出るゴミを減らすだけでも、現場でかかるコストをダウンすることができます。
まだまだ工夫できることはないか、向上心を忘れずに仕事に取り組みたいものです。

2008年12月16日

今日の言葉(08/12/16)

おはようございます晴れ
営業の曽宮です。

12/14(日)に休みをいただき、久留米で行われた九州学連学友剣道大会(大学OBの大会)に行ってきました。

家族でせっかく出かけたので、試合のあと久留米市の【福岡県青少年科学館】を見学。

【福岡県青少年科学館】
http://www.science.pref.fukuoka.jp/

あまりの展示物の多さに、閉館時間ギリギリまで見学しましたが、全てを制覇することができませんでした。

子供は『次はこれ!次はこれ!』と次々と走り回って楽しんでいましたが、じっくりと見てみたい人には不向きかもしれません。
MA330088.JPG
プラネタリウムではぐっすりと深い眠りにつきました…


【今日の言葉】
「目標を共有し、実践していきましょう」

どこの会社でも企業倫理や社是、社訓があると思います。
ただ、額に入れて掲げているだけでは意味がないということが書いてありました。
具体的な実行・実現がなければ絵に描いた餅で終わるということです。

昨日コンビニで雑誌の『プレジデント』を見つけて、表紙には「心が熱くなる!仕事人ドラマ30」という特集が組んであり、思わず買ってしまいました。
8819cf0ea1.jpg
【今日の言葉】のように、お題目はそれとして「実行する」ということにフォーカスして、如何にして実行したかということを参考にしようと思っています。

2008年12月15日

今日の言葉(08/12/15)

おはようございます。
営業の曽宮です。

最近のマイブーム?ですが、これです↓喫茶店
MA330083.JPG
まぁ水筒なのですが…

保温力がすごいのです!
朝アツアツで入れたお茶やコーヒーが昼を過ぎても全然アツアツのままです。
今更驚くことじゃない?
そんなに自販機で飲み物を買う方ではありませんが、今の時期仕事のお供に重宝します。
夏場の保温力はどんなものでしょうか?


【今日の言葉】
「批判、忠告をたいせつにしましょう」

記事には、自分に快く、ほめてくれる人とだけ付き合って、忠告を言ってくれる人を遠ざけてしまう。そんな状況が事業の悪化を招くとありました。

『良薬は口に苦し』で本当にためになるアドバイスは耳に痛いものかもしれません。
しかし、それをしっかり受け止めて改善していこうとする前向きな気持ちで仕事に取り組みたいものです。

2008年12月11日

今日の言葉(08/12/11)

こんにちは。
営業の曽宮です。

少し暖かくなりましたね。
雨も小雨少し降っているので、その影響でしょうか?
昨日の朝方はすごい『霧』でした↓
MA330066.JPG
霧でもそうですが、師走のこの時期は運転に気をつけないといけません。

という自分も先日、車の後部をぶつけ修理中です。
今朝は嫁さんの車がパンクしました。
皆様ご注意くださいもうやだ〜(悲しい顔)


【今日の言葉】
「謝るべきときには謝り、先に進みましょう」

『あやまる』を変換すると『誤る』が一番に出てきました…
そうです『誤り』が原因で『謝る』ことになります。

今の時代『謝ったが負け』という風潮で、車の事故で(お互いの過失が五分の場合は特に)、まず先に『すみません』と謝った方が『謝ったということは自分の非を認めた』ことになり、過失の割合が多くなるみたいですね。
なんという時代でしょうか…

仕事でもず〜っと100%順調に物事が進むわけではありません。
時には間違ったり、ミスがあったりします。
先に進むためには非は非として認め、どう改善するのか、今後ミスしないようにするにはどうしたらいいのか考えるようにしたいものです。

2008年12月09日

今日の言葉(08/12/09)

おはようございます。
営業の曽宮です。

今日の昼からは少し天気も回復するようですね。

私事ですが、来年の3月に父が60歳の誕生日を迎える予定でそろそろ『還暦祝い』をどうしようかと考えています。

で、調べてみました。
〜還暦祝い〜
日本で始まったのは奈良時代くらいで、今より短命だった頃の長寿の祝いは、 初老とされていた40代から10年きざみくらいで行われていました。
満60歳の還暦からを長寿としたのは寿命の延びた室町時代くらいからで、この頃から定着して現代に至ったそうです。

〜「赤いちゃんちゃんこ」を贈る習慣について〜
還暦というのは昔の暦「十千(じっかん)」「十二支(じゅうにし)」の両方が60年で一巡りして、61歳で「生まれた年と同じ暦に還る」のが由来です。
そして「生まれた暦に還る」=「赤ちゃんに還る」という意味を持つのと、 魔除け・厄除けとして魔除けの色ともされる赤いちゃんちゃんこを贈って還暦を祝うという風習が生まれたのです。

『十干(じっし)』:甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・≪戊(つちのえ)≫・【己(つちのと)】・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)

『十二支(じゅうにし)』:≪子(ね)≫・【丑(うし)】・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)

≪≫は平成20年、【】は平成21年。

平成20年は戊子(つちのえね)でした。
平成21年は己丑(つちのとうし)です。

建築関係にも暦(こよみ)についてはよく話題に上がります。
大安に契約や地鎮祭をするとか、三隣亡(さんりんぼう)には棟上げをするな、とか。
『なんで?』というのを起源と合わせて調べてみると面白いものです。


【今日の言葉】
「過信を慎み、基本的な修養を重ねましょう」

実力があるからといって、必ず活躍できるとは限らないという内容のことが書かれていました。
実力と一緒に高い人間性も備えていないと、人から活躍の機会を与えてもらえない、仕事が回ってこないということです。
謙虚に一生懸命にです。

2008年12月08日

今日の言葉(08/12/08)

おはようございます。
営業の曽宮です。

先日、仕事の合間に子供の発表会を見に行ってきました。
本番は仕事で見に行けなかったのですが、年長組は町のコミュニティ施設で地域の皆さん向けの発表会があるとのことで、これ幸いと出かけてきました。

うちの子供の出し物は氷川きよしの『白雲の城』カラオケにあわせて踊りを舞う?ものでした。
最後の『キメッ!』のポーズ。
MA330058.JPG
うちの子供が一番上手だったと思います。きっと!

自分と同じ幼稚園に通っているので、迎えに行ったり、行事のたびに薄らいでいた記憶がよみがえります。


【今日の言葉】
「結論を前面に出し、理由を鮮明に表しましょう」

ビジネスでは特に『結果から話しなさい』と言われます。
お客様から何か質問されたときには、『何でその質問をするのかな?』ということを一度考えて、時には質問の真意を尋ねながら、分かりやすい言葉でシンプルに、そして何より熱意・誠意をもって話をするということに気をつけたいと思います。